エンパスとHSPにみられる傾向

トップページ > エンパスとHSPの違い > エンパスとHSPにみられる傾向

エンパスの傾向

エンパスの傾向は、他人の気持ちに共感してしまうことから、たとえ言葉に出さなくても勘でわかったり、人の感情を自分の感情のように感じてしまう点などです。他人の肉体的な症状までもわかります。そして常に弱い人に慈悲の心を持ち、自然や動物を愛すのも特徴の一つです。また、人の感情や症状を取り込んでしまうため常に疲れてしまいます。そのため、一人でいる時間が不可欠で休息が必要です。ぼんやりと妄想するのが好きで、誰かに束縛されるのは嫌いで、また自分のテリトリーはきれいに整理整頓されていないと落ち着きません。

HSPの見られる傾向

HSPの傾向は、人の気持ちを汲み取るのが得意で、細やかに感情移入をしてしまいます。他人の痛みや悲しみにふれると自分のエネルギーが衰弱してしまいます。まぶしい光や大きな音などが苦手なので、それを避けるような行動をします。逆に美しいものや嬉しくなるものとの接触では感動をしてしまいます。感受性の強い繊細な神経の持ち主であるため、直感も鋭いです。神経が過敏なために、怖がりであったり、臆病であったりという印象を受けがちです。実際打たれ弱かったり、人とのコミュニケーションが苦手だったりもします。