エンパスが持つ自分らしさ

トップページ > エンパスという生き方 > エンパスが持つ自分らしさ

自分らしさを大切にしたエンパスとしての生活

言葉で表現することは簡単な自分らしさですが、思うように自分らしさを出して生きられる人はどのくらいいるのでしょうか。特にエンパスの場合には、周囲の心の動きに分間であるため、自分らしさと言う言葉よりも他人への配慮が先だって日々生活しているはずです。そのため、いざ自分が何をしたいのかが分からなくなってしまうなど、自分自身を見失ってしまうこともあります。しかしエンパスであっても自分らしさを忘れずに生活することは大切で、周囲からの影響だけでなく自分を軸にしたものの見方をする習慣を持ちましょう。そのためには、ゆっくり時間を掛けてでもよいので、自分の意見を絞り出すことです。
エンパスは特別な人のような印象がありますが、実際には周囲に多くのエンパスがいる可能性があるほど、高い割合で共感力を持ち合わせた人が共存している可能性があります。自分だけが変わった人間であるような考え方をするのではなく、自分らしさを大切にして個性の一つと考えて対応すると良いでしょう。