エンパスの親子関係

トップページ > エンパスという生き方 > エンパスの親子関係

親子関係にエンパスの影響はあるのか

エンパスの特徴は、人のマイナス感情からの影響を受けやすく、どうしても心身共に疲労した状態が継続されてしまいます。そのような場合には、周囲の人との人間関係だけでなく、時には親子関係にも様々な影響を与えるでしょう。例えば、子供がエンパスの場合には、疲れてイライラした親の表情を見ることで、自分自身も辛く悲しい気持ちになって疲れ果ててしまいます。子供の前では気づかれないように頑張る親が多いとは思いますが、エンパスの場合には、そのような誤魔化しはすぐに見破ってしまうことが多いとされています。
そのような親の態度や表情を見ることで、エンパスの子供は自分のせいではないかと責めてしまうこともあるようです。親子関係にも多大な影響があるエンパスは、少し繊細でナイーブな面がある子供の場合には、他の兄弟や姉妹とは違った接し方をして日々ケアをすることが親子関係を良好にするためには求められます。しかし、自分自身で少し考え方や物の見方を変えることも大切で、いつでも他人目線でかんがえるのではなく、自分はどうしたいのかを考える習慣をつけると良いでしょう。そのためには、簡単なことから自分の意見や考えを言えるようにしますと、決断するスピードも速くなるはずです。