エンパスを個性ととらえる

トップページ > エンパスという生き方 > エンパスを個性ととらえる

エンパスを自分の個性として活用しよう

エンパスであることを否定して、そうではない自分を探そうとする人が多いですが、自分自身が生まれ持った個性であると認めて上げますと、心も体もグンと楽になります。自分だけが変わった人間であるような気持ちになることや、人から指摘されたことによって深く傷ついた経験をもつ人ですと、どうしてもエンパスである人を上手く受け入れることができないかもしれません。しかし、エンパスであるからこそ出会えた人や経験できたことも多いはずなので、自分自身を輝かせる個性であると考えるようにすると良いでしょう。 エンパスである自分と上手く付き合うためには、人の気持ちを奥深く感じ取ることができる才能を活かした仕事探しをするほか、学生の場合には人に奉仕する立場となれるような係や役回りを積極的に行うようにしますと、今まで悩んでいたことが少しずつ軽減できるようになります。エンパスであることは特別でなければ、おかしなことでもないとされています。実際にエンパス同士で無意識に仲良くなっている可能性もあるようで、周囲にも意外とエンパスが溢れていることもあります。個性として活かすように、自分自身を認める勇気を持ちましょう。