エンパスと相性のいい恋愛スタイル

トップページ > エンパスと相性 > エンパスと相性のいい恋愛スタイル

エンパスをプラスにする恋愛

エンパスの人の恋愛には特徴があります。自己犠牲になりやすい、エネルギーを奪われやすい、共依存になりやすいというものです。一見、恋愛が難しそうですが、マイナス面をプラスに変えることもできます。例えば、共感性が高いが故に相手を思う気持ちが過度になると自己犠牲に陥りますが、それが適度な思いやりであれば相手にとってかけがえのない存在になり得ます。その為には恋愛中でもしっかりと自分自身を持ち、尽くし過ぎないようにすることと、「自分のことは自分で」のスタンスを守ることが大切です。また、そのスタンスを受け入れてくれる相手を選ぶことで、楽にそして楽しい恋愛へと発展します。

エンパスのパートナー

共感力者(エンパス)は、やはり同じ共感力者をパートナーにすることが多い傾向にあります。生まれつきの共感力者同士は、非共感力者同士の恋愛よりもはるかに深いレベルで理解しあう恋愛となります。しかしながら共感力者と非共感力者の恋愛にもメリットはあります。その一つに、グラウンディングする(地に足をつける)ことができるということです。どうしてもエンパスは感覚人間なので、リアルな世界から浮いてしまっていることが多いのです。そこを相性の良い非共感力者は補うことができます。つまり、エンパスの恋愛は必ずしも同じタイプの人間同士でなくても良いということです。