エンパスの適職

トップページ > エンパスの適職

仕事を長続きさせるためには適職を知ることが重要

共感力が強くて繊細な感性を持っているエンパスは、適職でない仕事をすると長くが続かなかったり、ストレスがたまってより疲れやすくなったりすることがあります。長続きしないのはエンパスのせいだと諦めて、悩み続けるのは、もったいないと思いませんか?欠点のように思えてしまう、エンパスの共感力の強さと繊細な感性を、逆に自分の魅力として考えれば、適職を見つける近道となります。エンパスの人におすすめの職種は、組織の中で働く人と、独立して働く場合では少し違ってきます。組織で働く場合は、あまり縛られすぎず、ある程度自分の意見が言える、人間関係に振り回されない対策をして、自分が楽しいと思う職種を選ぶことがおすすめです。独立して仕事をする場合は、営業活動を外でしないような仕事を選ぶようにします。2つに共通して言えるのは、多くの人に関わらなくてもできる仕事で、自分のペースで仕事ができるような仕事が最適です。具体的には小規模なお店の接客・販売、少人数の自営業やフリーランス、医療事務・社会福祉士・精神保健福祉士などお裏方の仕事などです。共感力があり、周囲の人のことを気遣いすぎてしまう性質があるので、大勢の人より少ない人数での仕事が適職でしょう。

知っておきたい適職のヒント

エンパスの人の仕事の悩みで多いのは、職場の人間関係で疲れてしまう、上司に確認を取らないと不安で確認を取ると怒られてしまうなどの悩みです。また、相手を思いやって作業が進められず、自分の意見を言えない、人の気持ちを考えずに押しつけてくる人と働くことができないなども挙げられます。繊細で共感力が強ければ強いほど、仕事で障害となることが多くなってきます。そこで知っておきたいヒントが、社会生活をしている時の自分の性格、その性格に見合った環境を知るということになります。自分の特徴を6つのパーソナリティタイプに分けて考えることで、適職が何なのか分かるヒントになるので、自分のパーソナリティタイプを把握しましょう。タイプを紹介すると、現実的・研究的・芸術的・社会的・企業的・慣習的の6つになります。だいたいの人が1つのタイプに絞れるわけではないので、いくつか当てはまるものがあります。エンパスの人は全員同じような性格で同じような仕事をしていることはありません。そのため全員が裏方のような仕事が向いているということはないです。適職を知る前に、まず自分の性格がどんなものか知って、仕事をする上で自分の特技とぶつかっていないのか、問題は出ていないのか、考える必要があります。

適職探しのコツ

パーソナリティタイプを見ると分かりますが、エンパスだけに限らず人には得意なことがあれば、苦手なこともあります。例えば、現実的なタイプの場合、いつもと同じやり方でないと落ち着かず、後輩を指導したり、相手に臨機応変に指示を出すことが苦手です。研究的なタイプの場合、他人を説得することや教えること、同じことを繰り返すことが苦手だと言えます。これを見て分かるように、苦手なことはその人が得意なことと反対となっています。得意なことを職業としていればストレスなくエンパスでも勤められそうですが、職場環境や人間関係が自分に合わなければ、ストレスがかかってしまいます。現実的なタイプで例えると、急に違うやり方で仕事をしろと言われ、何人かの後輩を指導しろと言われたら、疲労がたまって仕事を辞めたくなります。これではエンパスの適職探しが難しいですが、対策を立てることで、退職を避けることが可能です。高圧的な人が苦手なら大きな声でなく、静かに説明してもらえばストレスは減るはずです。他人から余計なことを言われたくないのであれば、自分で起業してしまっても良いでしょう。