エンパスに向いた仕事探しの方法

トップページ > エンパスの適職 > エンパスに向いた仕事探しの方法

エンパスの短所から始まる適職探し

エンパスでなくてもエンパスであっても、適職を探すためには自分と向き合う必要があります。最初は自分がどんなエンパスなのか、何が短所で何が長所なのかをハッキリさせておきます。エンパスは全員が同じタイプではなく、6つのパーソナリティタイプに分けて考えると方向性が分かりやすくなります。エンパスは敏感に他人からの視線を感じとる特性があるので、人の目が気になる人が多いです。仕事探しをする時に視線が気になって委縮してしまい、何をしたいのか分からなくなることがあります。そういった時は押さえている自分の願望を解放し、何が短所で得意なことは何かを洗い出すようにします。意外と自分では我慢していないと思っている人が多いですが、エンパスの場合はいつの間にか我慢していることがあります。

エンパスに向いている仕事を探す心構え

エンパスが適職を探す近道は短所を知ることです。短所を知れば逆に何が得意なのかハッキリしますし、短所をカバーする対策を立てられるからです。次に就活を実際の行動に移すために、方向性を決める・気持ちに正直になる・行動を絞ることをします。仕事を決める時はお金を稼ぎたい気持ちは大事ですが、自分の気持ちに正直になることも重要です。自分の気持ちを無視していると、ストレスに弱い短所を持つエンパスは長く仕事を続けられなくなるからです。