エンパスに向いていない職業

トップページ > エンパスの適職 > エンパスに向いていない職業

エンパスが向いてない職業とは

共振力が強く敏感なエンパスが仕事をする上で知っておきたいのは、向いてない仕事につくと大変なストレスを感じるということです。逆にエンパス向いている仕事は、真面目さ・感受性が強い・細かな気遣いが活かせる仕事になります。例えば、接客業・研究職・秘書・医療関係・ヒーラー・占い師・カウンセラーなどが適職です。この適性からすると何の仕事でもできそうですが、向いている仕事があれば、向いてない仕事もあります。エンパスの中には外に向かう仕事が好きでない人もいます。そういう場合は数字との戦いになる営業職は向いてないです。

向いてない職業につかないためには

もしも向いてない職業にエンパスがついた場合は、精神的にも身体的にも疲れ果てて、仕事が続かずに転職を繰り返し行うことになります。エンパスで向いてない仕事につかないためには、気を付けるポイントがあります。まず職場の場所や位置、職場のエネルギー、職場で働いている人のエネルギーに注意します。向いてない仕事だと感じたら、職場の位置やエネルギーがダメなのかもしれません。向いてない職場は土地からのエネルギーで悪影響を受けたり、自分に合わない職場環境だったりと、エンパスに向いてないことが多くあります。会社に面接に行ったら、気を付けるポイントを確認してみましょう。