身体直感型と身体ワンネス型のエンパス

トップページ > エンパスの種類 > 身体直感型と身体ワンネス型のエンパス

身体直感型のエンパスの特徴

身体直感型のエンパスは、人の身体に起きていることが分かることが特徴です。エンパスでない人でも赤ちゃんが泣いている声を聞いた母親は、何をして欲しいのか分かります。身体直感型のエンパスは、親密な相手でなくて初対面の相手に対しても、外から分かってしまいます。初対面の相手で触れていない状態でも、頭痛や腹痛、風邪など体調が悪い時、どこが悪いのかすぐに分かります。他人と関わりたくないエンパスには辛いものかもしれませんが、どこを癒せばいいのか分かるので、マッサージやヒーラーなどの仕事には向いています。

身体ワンネス型のエンパスの特徴

分かりやすく説明すると身体直感型の身体版なのが身体ワンネス型のエンパスです。このエンパスは相手の体調不良が頭で分かるより、自らの身体が不調に襲われて分かります。お見舞いに行くと自分の具合が悪くなる、ケガをした友達の看病をしようとしたら同じ場所が痛くなることなどがあります。このエンパスの症状としては相手の不調と同じような場所が痛くなったり苦しくなったりします。こちらも相手の身体を癒す仕事、マッサージやヒーラーには最適です。身体ワンネス型の場合は自分の癒してもらいたい所が、相手が癒してもらいたい所なので大変便利です。